太陽光発電システムを導入した場合の環境面・社会面からみたメリット

太陽光発電システムを導入した場合の環境面・社会面からみたメリット

1番目のメリットは「二酸化炭素を排出しない地球にやさしい発電方法であること」です。
クリーンな自然エネルギーで二酸化炭素を排出しないのは、燃料消費がないからです。
一人ひとりが発生する二酸化炭素は、僅かな量です。ですがエコロジーの視点からみたら温室効果ガスの削減に寄与するのは間違いないです。
太陽光発電システムを導入することで環境保全に努力している満足感を得られるのではないでしょうか?
 
2番目のメリットは「大規模震災のときの非常電源が確保できること」です。
日本は大きな震災を何度も経験しており、緊急事態の電源をどのように確保するかを真剣に考える意識が芽生えております。
そして、その一つのソリューションとして太陽光発電システムが注目されていいます。今のネックは蓄電コストの高さです。
 
恒久的な補助電源としての取り組みはこれからの課題です。
ですが太陽光線の確保ができれば太陽光発電システムは稼働します。
非常事態になっても、夜間でなければ電力を生み出してくれるのは、貴重だと考えられます。
太陽光発電システムで利用するパワーコンディショナーも、自立運転機能を持っている製品もあります。
停電した場合にも電力が供給できる仕組みが確立されています。
切り替えはマニュアルでしなければなりませんが、電気が全くない状況を避けることができます。
大災害に備える方法としては有効です。
 
3番目のメリットは「企業活動で社会的に貢献している会社だとアピールでき好感度をアップできること」です。
環境保護への貢献は企業イメージをアップする戦略としては、とても効果的です。
企業が地球にやさしい取り組みをすることに否定的な印象を持つ人はいません。
イメージ効果としても太陽光発電システムの導入は意味があります。
 
CSR(企業が社会的責任を果たすこと)活動として、太陽光発電へ取り込むことで二酸化炭素の排出を削減でき企業価値も上がります。
社員の環境意識も高めるメリットもあるのです。太陽光発電システムによってコスト削減できる経済的な面での効果もあります。
企業にとっては、リスクは小さいですし取り組みやすいのではないでしょうか?
 
4番目のメリットは「再生可能エネルギー創出への貢献ができること」です。
我が国の再生可能エネルギーの割合は残念ながらとても低い水準です。
2012年のデータですが、大規模な水力発電以外の発電量はわずか 4パーセントにすぎません。
太陽光発電システムの比率は毎年高くなっています。
ですが、これだけでは1パーセント程度です。原子力発電が停止になったあとも、主力になっているのは火力発電です。
 
政府の計画としては2030年に原子力発電比率を 50パーセントを目指し、再生可能エネルギーと合わせて70パーセントのゼロエミッション電源をする予定でした。ゼロエミッション電源とは炭素を排出しない電源のことです。
しかし、震災の影響もあって方向転換をする方向になっています。
再生可能エネルギーの比率をますます高める必要があります。
太陽光発電システムの積極的な導入は、我が国のエレルギー政策にも貢献できるのです。




  アップガード

キックボクシング 大阪

一枚板

名入れ ライター